無意識を変えていく


無意識層まで変えていく必要があります。

理屈ではだんだんとわかってきたつもりでも、無意識が昔のままではうまくいきません。
本を読んだり、講演を聴いたりしてわかったつもりでも、いざ実生活で役に立たないというのは、表面意識でわかっても無意識層がわかっていないということです。

無意識層は人間の生活を実際にコントロールしているところです。
何も考えずに歩いていますが、肉体は微妙な調整をしています。
それをいちいち考えずにできるのは、無意識層に蓄えられた知識がその都度コントロールしているのです。

感情も無意識層から立ち上がってきます。
長い年月をかけて無意識層に蓄えられた知識が五感から入ってきた刺激と反応して感情としてわき上がってきます。
同じ刺激でも無意識にもっているものによって、起る感情が違ってきます。

このように無意識にもっている知識が昔のままだと、いくら頭でわかっていてもうまくいきません。
その無意識層には長い年月をかけて膨大な知識がしまい込まれていますので、ちょっと思っただけでは簡単には変わってくれません。
車の運転を覚えるのはなかなか大変ですが、自然にできるようになればある程度時間が経っても覚えているようなものです。

長い年月をかけて覚え込まれた古い知識は、ちょっと考え方を変えただけでは無意識にはすぐは変わりません。
無意識を変えるには根気よくやらなければなりません。
せっかちにならないよう私も気をつけるようにしています。

いったん変わってしまえば逆にこれほど強い見方はありません。
その名のとおり意識しなくてもやってくれます。
ぼーっとしていても無意識が勝手にやってくれます。

これは神意識になるための強力な武器です。
時間はかかるかもしれませんが、なってしまえば何もしなくてもいいのです。
これは便利な機能です。

これをやっていこうと思っています。
そのためには自分の感情、思いを観察する必要があります。
まず自分がどんな状態であるかわからなければ変えようがありません。

これが本当にできていません。
私もやっと真剣に始めたところです。
観察してみると、結構怒りっぽく、恐がりでした。

その起ってきた感情、想念をひとつひとつ修正してやる必要があります。
たいへんそうでとてもできそうもないように思えますが、このことに興味をもってやっているので意外にそうでもありません。
これからどんどんやっていこうと思っています。

ちょっと時間がかかりそうですが、人生こればっかりやっているわけではないので、いろいろなことをしながらこのことを続けていこうと思っています。
そうしているうちに気がついたらいつの間にか・・・。

Posted: 日 - 5月 16, 2004 at 04:39 PM      


©