今のこの世界をよく見てみる


自我をよく見ているのともうひとつ、周りの世界もよく見るようにします。

自我と同時に今見えている周りの状況も客観的に見るようにします。
自我がどんなことを思っていてもいいように、自分の周りにどんなことが起っても完全です。
ですから自我がどう思おうとも、完全であると思うようにします。

いままでのように普通に考えたら、とてもこれでいいとは思えないことが起ってもです。
それでも問題ありません。
自分から見たらたいへんなことが起っているように感じるかもしれませんが、宇宙全体か見たらうまくいっています。

今起っていることはこれでいいと思うようにします。
映画を見てるように、ただ見ています。
何も心配することはありません、完全なのですから。

それでもしっくりこないなら、今の状態を変えることを選択します。
今が悪くて、良いように変えるのではありません。
破れた服からきれいな服に着替えるというのではなくて、黒い服から緑の服に着替えるという感じです。

今の完全な状態から、別の完全な状態にです。
今が完全な状態であるということが大切です。
自我がどんなふうに思っていても、完全です。

完全な状態でしかあり得ません。
もし完全でなければ、今ここに存在できません。
完全でないと自我が思い込んでいるだけです。

ですから完全だと思い込むことで、本来の状態になります。
何もしなくても今この瞬間に完全で全能力を発揮できる状態にあります。
万全な状態でいるのに、そうでないと自我が思い込んでいるだけです。

今の周りを見るようにします。
起っていることをよいとか悪いとか決めつけないようにします。
絶対に悪いことはありません。

悪いと感じるのは、自我がそう思っているだけです。
嫌なことが起こっていると感じている自分がいるなあ、とただ見ていればいいのです。
そうすればそのうちあまり気にならなくなります。

頭を切り替えさえすればいいのです。
周りのことは関係ありません。
自分だけで解決できます。

自我を観察するように、周りの世界も観察する。
変に思い悩む必要はありません。
この世界を楽しむようにしましょう。







Posted: 土 - 9月 11, 2004 at 01:57 PM      


©