この人生ゲームをクリアーするには


この魂のゲームはこのステージをクリアーするまで、今の肉体がなくなっても次の肉体になって続きます。

ゲームというにはあまりにもリアルすぎて、ゲームであるとはとても思えません。
もちろん私もまだ100%言い切れるわけではありませんが、そう考える方が理にかなっていると思います。
この肉体がどうかなっても、本体である魂はそのままです。

テレビゲームと同じ理屈です。
どんなすごいゲームをやっても、本人は何ともありません。

この現実はあまりに凄すぎて、簡単にゲームだとはとてもいえません。
目の前の大変な現実を見せられて、その人の前で堂々と「これはゲームです」とは今はとても言えません。
自分でも何かあると、こんな理屈は吹っ飛んでしまいます。

何でここまで厳しくしているのかと思いますが、でもこのステージをクリアーしないことには、いつまでたってもこのような状態が続いていくことになります。
もういいかげんしろ、という感じです。
何か根本的な作戦をたてないとこのままいつまでもこのままです。

まずどのようになったらクリアーできるかというと、この世界で何の遠慮もなく自由に行動できるようになったらです。
自分の好きなようにできるようになれば、卒業できますよね。
これは外側にあるもので決まるのではなくて、内側の状態を指しています。

外側に絶対的なものはありません。
外側のあるものは人によって価値観が違います。
ある人にとって大事なことが、別の人にとって何の価値もないものかもしれません。

自分の内側で、心の底から自由であると感じられた時が、クリアーできたときです。
それは内側の問題で外側のことには直接関係がありません。
ですから対処するのは内側であって、外側のものではありません。

外側のものをいくらいいようにしても、きりがありません。
その時はいいと感じられるかもしれませんが、1分後には不満足になっているかもしれません。
では内側をどのようにしたらいいのでしょう。

私も今現在決定的な方法を知っているわけではありません。
こうすれば少なくともその方向に進んでいくというのがあります。
それはこの世界をすべて肯定的にとらえるというものです。

この世界がすべて肯定的と思えた時、それは何をやっても肯定的だ、ということになります。
そういう精神状態になった時、何をやっても肯定的なことしかできません。
否定的なことがなく肯定的なことをする、いやなことがなく好きなことをしている、というのは自由であるということではないでしょうか。

これはただこの世界がすべて肯定的だと思えればいいだけになります。
簡単ですよね。(^^;
まじめで誤摩化しているつもりはぜんぜんありません。

私は本気で取り組んでいます。
現実今はまだまだです。
いま起っていることをすべてが肯定的だとはとても思えません。

肯定的ではないと思えることが起こったら、血が上っているときはどうしようもないですが、落ち着いたらどうしてこういう体験をする必要があったのであろう、と自問しています。
そのときはわからないかもしれませんが、そのうち時間がたってその理由がわかるのではないかと思っています。
そう内側に問いかけることで、いつか答えが返ってくる、というものです。

本当はこの世界に否定的なものはない、すべてニュートラルである、と考えています。
残念ながら狭い視野からしか見えない自我にとっては、否定的にみえる場合がある。
自我さえ変われば、肯定的にみえてくる、と思っています。

ですから無謀な戦いを挑んでいるとは思っていません。
ゴールは見えている。
訳の分からないことをやっているわけではありません。

画期的な方法はないかもしれませんが、地道にやっていくことで到達できる。
最初は今までのやりかたを180度変えなければいけないため、大変かもしれません。
相手の方が100%悪いと思われることを、悪いことではないと思わなければいけないからです。

このゲームを作っているのは自分のハイヤーセルフです。
自分を一番良く知っている自分自身がゲームを作っています。
つまり自分の欠点を一番良く知っていて、そこを突いてきます。

引っかからないわけがありません。
自分がやられたら一番頭にくることをやってくるのです。
今までの理屈では絶対対抗できません。

これに対抗できるのは、このゲームの仕組みを理解するしかありません。
このゲーム全体の仕組みを知らなければ、とても対処できるものではありません。
この仕組みがわかって、それでもこの現実に圧倒されてしまいます。

とてもなかなか簡単にいきません。
でも悲観することはありません。
ゲームは絶対にクリアーできなければゲームではありません。

攻略本にあるように、何か攻略する武器はあります。
それはだいたい簡単にわかるようになっていませんが、それを使いこなせれば攻略できます。

それは私は無意識だと思っています。
車の運転は最初は意識して苦労しながら運転していますが、慣れてくると意識しなくても自動的に運転できるようになります。
それは無意識でやっています。

手順が慣れるまでは大変ですが、慣れてしまえば何も意識しなくても自然にやれてしまうというものです。
これを使います。
これが神が最初からこのために準備してくれているものではないかと思います。

今起っていることがいいことばかりだとは、とても思えません。
面倒くさいですが、起ってくる事柄一個、一個に対処していきます。
最初はなかなか前には進まないかもしれませんが、そのうち慣れてくると無意識的に肯定的に考えられるようになってくるのではないかと思います。

私もこれを始めたばかりです。
あるときはわかったようになっても、別のときには元に戻って散々な目にあったりしています。
とても半分までもいっているなんて言えません。

いまが苦しいときです。
ここを超えたら、あとは苦労しなくても無意識が自動的にやってくれます。
ここが踏ん張りどころです。

ここでやめたら、もとに戻ってしまいます。
もう上がったり下がったりするのは、うんざりです。
がんばって続けていくつもりです。

まだゴールは遠いですが、見えています。
ここを過ぎれば、後は坂を転がるようにゴールに向かっていくはずです。
一緒に進んでいきませんか。

Posted: 日 - 3月 21, 2004 at 02:33 PM      


©