自分の中にテニスコーチがいる


何も考えずにテニスをしているとアドバイスしてくれます。

昨日は、打とうと力み過ぎて上体が突っ込んでいるよ、上体を立てて楽に打ったら、でした。
そのとおりやってみると、楽にしているせいかボールがよく見え、きれいに打つことができました。
ちょうどいいタイミングで、的確なアドバイスをしてくれます。

本を読んで研究しているわけではありません。
こうやろうと先に考えていると、そこばかり意識してぎくしゃくしてしまいます。
このアドバイスは本当にちょうどいいときにきます。

今やればうまくできるというときにです。
楽に打つといっても、その時によっては逆に力が入らずにうまくいかないことも多いのです。

それは何も考えていないときに、突然わき起こってきます。
本当不思議ですね。
ありがたいのですが、いつくるか、何にくるのかわかりません。

頭で考えなくてもうまくいく、ということでしょうか。
先のことは心配しなくても必要なことは必要なときに起る、といったことでしょうか。
いままでいってきたことです。

といってもまだしょっちゅうこんなことが起っている訳ではありません。
普通にやるべきことは普通にやっています。
これからはだんだんとこのようなことを増やしていきます。

何も大変なことをやろうとしているわけではありません。
逆です。
先のことなど考えずに、今したいことをやっていくだけ。
これだけです。

Posted: 日 - 9月 26, 2004 at 04:07 PM      


©