映画のように楽しむ


目の前に現れてくる現実を映画を見てるように感じる。

なかなかそうは思えませんが、意識的に見るようにします。
そうすれば客観的に物事が見れるようになります。
ふと気がつけば、これは映画だ、と思って周りを見てみます。

そして今もことも大事なひとつのシーンです。
無駄なシーンというのはひとつもありません。
何でもないような今のことも、よくわからないかもしれませんが意味のあることです。

もし今のシーンが気に入らないもであれば、変えていきます。
今はこんなシーンだが、今度は別のこういうシーンにしよう。
という具合に冷静に切り替えることを選択していきます。

人生はシーン、シーンの連続です。
映画のように客観的に見られたら、より楽に楽しめるでしょう。
気がついたら意識するようにします。

ただ本当に大変なときはとてもそんな気分にはなれないと思います。
私もいままではそうでした。
やっとちょっと周りを見渡せるようになりました。

といってもふと気がつくまではいつのまにか没頭しています。
ちょっとずつでも冷静に見られる時間を増やしていこうと思っています。

Posted: 水 - 9月 8, 2004 at 10:52 PM      


©