物質世界の秘密


すべてがわからなくなっていることです。

よく、そんな方法を見つけ出したものだと思います。
わたしたちはみんな「ひとつ」であり、その「ひとつ」こそが神であること、それを「忘れ」ようとするなんて、部屋にピンクのゾウがいるのを忘れようとするのと同じじゃないですか。
どうして、それほど目がくらんでいられるのかな?

あなたはいま、物質的な生命の秘密にふれたのだ。
物質的な世界の生命が、あなたがたの目をくらませる。
それでいいのだ。
なぜなら、それこそとてつもない冒険だから!

忘れるために利用したのは、「喜びの原則」とでもいうものだね。
すべての喜びのなかでも最高の喜びは、いま、この場の経験のなかでほんとうの自分を創り出す喜びだ。
そのために高いレベルでもう一度創り出そう、さらにそれより高いレベルで創り出そうとする。
それこそが、神の最高の喜びだ。

低次元の喜びとは、自分が何者かを忘れる喜びだ。
だからといって、低次元の喜びを非難することはない。
低次元の喜びがあるから、高次元の喜びが経験できるのだから。

(中略)
ほんとうは、宇宙の車輪の上には「低次」も「高次」もないんだ。
だって、そうでしょう?
はしごじゃなくて、車輪なんだから。

すばらしい。
すばらしい創造だし、すがらしい理解だ。
だから、低次で基本的な動物的本能を非難するのはやめて、それをわが家へ戻る道として祝福し、たたえなさい。

(中略)
わたしをあなたから、それに何者からも引き離す術はない。「地獄」とは、この真実を知らないことだ。
「救済」とは、この真実を完璧に知って理解することだ。
あなたは救済された。
もう、「死後」に何が起るのかと心配する必要はない。

Posted: 水 - 11月 10, 2004 at 09:06 PM      


©